水神祭

画像


我が家近くの川の向う岸、まっ正面に多摩川競艇場があるが、

水神祭といっても今日の話題は”競艇”ではありません。


日曜の朝、多摩川土手のサイクリングロードをジョグ&ウォーキングしていたら、

北緑地公園の前の河原で、なにやら祭事が執り行われていた。

近くにあった小さな張り紙を見たら、「第三回・稲城多摩川水神祭」だって。

近所に住む市会議員のKKちゃんが司会進行している。

これ、多摩川への感謝と環境学習の無事を願うという神事らしい。

こんな行事を知らなかった。まだ第三回だからかな。

今はごく小さな祭に見えるが、そのうち多くの住民も参加したくなる規模に育つのかな。

音好はこの光景を、15分くらいは眺めていたが、

神事の途中で、再びウォーキングを続けようとその場を離れた。


  家に帰って稲城市公式サイトをチェックしたら、

  去年の水神祭の写真があった。
  
  ふんどし姿の若者たちが多摩川に入って勢いよく水をかぶってる。
 
  もうちょっと、あの場所にいたら、きっとそれが始まったんだ。

  その光景を見れたんだ、きっと写真も撮れたんだ。

  元気な裸の若者達を見たかった。 残念!


ウォーキングは続く。

日曜の小学校の校庭では、隣のマンションのソフトボールチームが

練習に励んでいる。3年前まで我がチームのライバルだった。

「だった」というのは、我がチームのほうはチーム解散したから。

寄る歳なみには勝てなかったから。



しばらく歩くと、市民プール脇の土手で「音好さん!」と声をかけられた。

かなり立派な手作りの凧を抱えてるのはKSさんだ。

凧には大きな”龍”の字の書と、横に小さく”S郎作”って

この凧、自分で作ったんだな。

自作の凧を軽自動車でここまで運んできて、一人で凧上げしようと

していたところだった。

私が凧を持って、KSさんが糸を引っ張った。ちょっとは上がったが

そうは思うように上がらない。

「いい風が吹いてないから今日はダメかな」って。

   あっ、凧上げの写真撮るのは忘れてた。

しばらくの間、互いに近況を聞きあう。KSさん今年78歳だって。

KSさんはそういえば10数年前まで我がチームのエース級投手だった。

あの頃すでに60を過ぎてたんだ。

超スローボールを駆使して相手チームを翻弄したもんだ。

ひまだから、時々仲間とこの河原を15,000歩も歩いているそうだ。

KSさんは今でも若い!



肌寒い多摩川の真冬の日曜の朝、それぞれ、みんな元気だなぁ。

この記事へのコメント

2011年01月27日 15:00
音好さん
ウォーキング頑張ってるみたいですね。
ガン太はダラダラと生活してたら、
92キロまで成長してしまい、
いま焦ってダイエットしてるところです。
お互い、これからも継続して身体を鍛えて行きましょうね。
2011年02月02日 21:33
多摩川沿いの色々な風景、光景、出会い。

ほのぼのと、読ませて頂きました。

良い環境の所にお住まいですね!

ウオーキング頑張って下さい。

あっしは、ここ2~3ヶ月、ウオーキングから、「スロージョギング」に切り替えて居ます。

最初は、幾らも走れませんでしたが、徐々に、走れる距離が伸びて来ました。
2011年02月03日 23:40
徐々に距離が伸びてるとは、さすが師匠!
私は歩くにも言い訳ばかり考えてます。
今、空気が冷たすぎ、もともと硬い体のあちこちの筋肉が更に縮む。壊れそうな気がして走れないんです。せいぜい大股で腕を大きく動かし歩くのが精一杯なんです。

この記事へのトラックバック