カレーの香り

夕方オフィスをでる前に、オフィスのパソコンでツイッターを確認してみた。

眺花亭さんはわざわざ”成城寄席”にまで出かけているではないか。

喬太郎、談春、文左衛門、松元ヒロ・・・だってさ。

わーこの組み合わせなら行きてえ~!でも完売だろう。

血が騒ぎ私もどこか行きたくなった。神保町の”らくごカフェ”を確認すると今日は三之助。

落語協会のウェブの動画でも、ツイッターでも、頻繁に目にして

馴染み深い三之助さんだが、実物お目にかかったこともないし、

十分時間ある19時半開始だし、ぜひ行ってみよう!と思ってオフィスをでた。

そして歩きながら、つらつら考えた。

昨日は某飲み会、明日も明後日もその次の日もずっと飲み会だ。

・・・そうか、よそう!落語に行けばまた遅くなるし、

ちょいとまた酒もひっかけて帰りたくなる。今日くらい、まっすぐ家に帰ろう。



でも、酷暑も終わったし、久しぶりに品川まで40分歩くか!

18時半。もう暗くなった三田の街から聖坂を登って品川方面に向かいました。

背広姿で歩くと意外とまだまだ暑い。

暗い道を歩いていると、どこからともなくカレーの香り。

このあたりは住宅地であり、周りにカレーハウスやレストランは見当たらない。

なんとも言えぬ良い香り。どこかの家の今日の夕ごはんはカレーライスなんだな。


子供のころから、この時間帯に路地を歩くと、あちこちの家からカレーの香りがしたもんだ。

でも、今日の香りとちょっと違う。あの頃は、なんとなくじゃがいもやにんじんのいっぱい入った

ようなお母さんの作るライスカレーの匂い。

今日の匂いはそれとは違う、それはそれは香ばしい本格的な香辛料のカレー。

やはり高輪、品川、三田の住宅地はちょっとラベルがちがう。いやレベルがちがう。

画像

(写真は住宅街。ちょっと暗すぎですかね)

またブログはしばらく休んでたので、ウォーミングアップに
ちょいと書いてみました。やっぱ文、長いかぁ。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック